ネット広告の種類

ネット広告は、様々なサービスがあります。主なネット広告の種類や一覧についてまとめてみました。
クリック課金型(リスティング広告)

検索連動型

「キーワード広告」とも呼びます。検索エンジンの検索結果ページに配信される広告です。需要に直接フォーカスできるため、高いコンバージョンが期待できます。

コンテンツマッチ型

コンテンツマッチ広告は、ウェブページのコンテンツを解析して、それにマッチした広告を配信する仕組みです。有効活用には、ターゲティングの精度を高める必要があります。

リターゲティング型

リターゲティング広告は、クッキー技術を利用して、自社サイトを訪問したことのある人に再訪を促す広告を配信します。
成果報酬型広告

アフィリエイト

アフィリエイト広告と呼ばれ、提携パートナーのウェブページに自社サービスをPRしてもらう広告です。
アプリ内広告

アプリ内に表示

スマートフォンアプリ内に表示される広告です。仕組み的には、リターゲティング型と同じです。

その他のネット広告

上記のネット広告ほど一般的ではありませんが、メール広告、記事広告、ブログ広告などは、資金力のある大手企業などで利用されることがあります。
メール型広告

メルマガ

メール文中に挿入するタイプの広告です。

ターゲティングメール

メール全文が広告になります。
記事型広告

ブログ広告

提携ブロガーやプロのライターに商品のPR記事を書いてもらいます。クラウドソーシングで発注するケースもあります。

タイアップ

丸ごと広告になったウェブページを提携パートナーのサイトに掲載します。日本でも注目されているネイティブ広告も、記事型広告の一種です。
電話アフィリエイト afb(アフィb)の「コールB」なら電話によるアフィリエイトも対応しています。
掲載期間保証型広告

いわゆる月極広告

提携パートナーのウェブページに、期間限定で掲載してもらうタイプの広告です。

ネット広告まとめについて

この記事のカテゴリー

サイト情報

更新情報

Page Top ↑
ネット広告の種類を紹介しています。
ネット広告への出稿のまとめのHOMEへ戻ります。
Copyright (C) koukoku.nagoya All Rights Reserved.