アフィリエイト広告の費用対効果

成果報酬型広告

アフィリエイト広告は、自社のサイトにユーザーを集客をしても、成果が発生しなければ、広告費用が発生しないため、費用対効果が優れているネット広告です。

参加者

このアフィリエイト広告が成立するためには、下記の3者が必要です。 もちろん、自社でアフィリエイトシステムを導入するケースもありますので、例外はあります。

アフィリエイターについて

価格コムから日記ブロガーまで

メディア運営者あるいはアフィリエイターについて言えば、これもまた上場しているクラスの会社から末端の個人ブロガーまで、実に様々です。 例えば、最大手の価格コムは、実はあれも一種のアフィリエイターと言えなくはありません。 あるいは、新聞社のニュースサイトやnaverまとめなどのキュレーションサイトも、アフィリエイト広告によって成り立っているので、一種のアフィリエイターと言えます。

いかに優良アフィリエイターに宣伝してもらうか

従って、広告主としては、費用対効果を高めるためには、いかに優良アフィリエイターに自社の広告を貼ってもらうか、あるいは宣伝してもらうか、ということが重要になってきます。 業界最大手のa8netの例で言えば、登録サイト数が200万サイト以上あり、広告主は1万社以上存在するので、広告主同士の競争もかなりあります。

アフィリエイターは消費者でもある

さてこのアフィリエイト広告について言えば、アクティブなアフィリエイターの数は業界最大手のa8ネットで100万人単位でいるようです。相当な数のユーザーと言えます。従ってこのアフィリエイター自体は消費者にもなりうるということです。

セルフバック

このため大手のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)では、セルフバックというアフィリエイター向けの商品販売システムが充実していたりします。セルフバックというのは、アフィリエイターに商品を購入してもらい、気に入ってもらったらそれを自分のホームページやブログなどで宣伝してもらう、というスタイルです。

高い費用対効果が期待できる

これは広告主側にとっては費用対効果が期待できるシステムです。自社商品の販売にもなりますし、またもしアフィリエイターに自社の商品を気に入ってもらえたら、そアフィリエイターが自分のブログなどで大いに宣伝してくれる、という可能性もあります。そうなると他の広告にはないほどの費用対効果が期待できると言えます。

柔軟な運用が可能

他にもアフィリエイト広告は柔軟な運用が可能ですので、担当者に相談してみると色々教えてくれること思います。

メリットとデメリット

アフィリエイト広告の広告主あるいは出稿側のメリットとデメリットについては、こちらでまとめています。

アフィリエイト広告のメリットとデメリット

自社でアフィリエイトシステムを導入するケース

自社サイトでアフィリエイトシステムを導入することも可能です。そういうケースは、例えばamazonや楽天市場などが有名です。

自社でアフィリエイトシステムを導入するケース

ネット広告への出稿のまとめについて

この記事のカテゴリー

サイト情報

更新情報

Page Top ↑
アフィリエイト広告の費用対効果や、メリットやデメリットを解説しています。
ネット広告への出稿のまとめのHOMEへ戻ります。
Copyright (C) koukoku.nagoya All Rights Reserved.